BLOG

ブログ

Windowsウインドウを振ると消える機能を無効にする

Windows7から「ウインドウの表示操作を簡単にする」という目的のお節介な機能が追加されていた事をご存知ですか?

ウインドウが勝手に大きくなる、ウインドウが1つだけ残ってそれ以外が消える(最小化される)などがそれに当たります。
それぞれの機能の名前は「エアロスナップ」と「エアロシェイク」といいます。

自動でウインドウサイズを変えてくれるのは「エアロスナップ」

ウインドウを掴んだままカーソルの位置まで画面左右に持って行くとウインドウサイズはディスプレイの半分のサイズになります。

また、画面の上に持って行くと全画面表示になります。

1つのウインドウを残し、他を隠すのは「エアロシェイク」

ウインドウを掴んだまま左右に素早く振ることで掴んでいるウインドウ以外を一時的に隠す事ができます。

もう一度左右に振ると再表示することができます。

これらの機能を止めるためには以下の手順で無効にしましょう。

1.「コントロールパネル」の「コンピューターの簡単操作」をクリック

2.「キーボードの動作の変更」をクリック

3.「ウインドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェックを入れて「適用」をクリック

4.設定は終わりです。反映されたことを確認してコントロールパネルを閉じましょう。

▲PAGE TOP

©ITコンサルタントの網樹屋