BLOG

ブログ

クラウドストレージ(オンラインストレージ)のメリットとデメリット

クラウドストレージ(オンラインストレージ)のメリットとデメリット

個人でも企業でもクラウドストレージ(オンラインストレージ)が普及してきましたね。
とても便利なサービスですのでさらなる普及が予想されますが、ここで今一度、クラウドストレージとはなにか、また利用する時のメリットとデメリットを確認しておきたいと思います。

クラウドストレージとは?

まずはじめに、ストレージとはパソコンのデータを保存・保管するもののことを指しています。
HDD・SSD(外付け含む)、USBメモリなどです。

その保存先をオンラインにしたものをクラウドストレージ(オンラインストレージ)と呼びます。

メリット

・インターネットにさえ繋がっていればどこにいてもファイルにアクセスすることができる。

オンラインにデータを保存することになるので、インターネットに繋げることができればどこにいてもファイルにアクセスするこができます。
打合せに必要なファイルを持ってくるのを忘れてしまったという場合にも有効です。
普段からクラウドストレージ(オンラインストレージ)にアップロードしておくことを心がけてください。

・複数人でのファイルの共有が可能

管理者が許可した人もストレージを利用することできるので、会社内などで簡単にファイルを共有することができます

・バックアップとして利用可能

サービスによってはない可能性もありますが、大体のサービスで自動バックアップをしてくれています。
もしサーバに何かしらの障害が起きでもデータが消失することはなく物理的ストレージでのバックアップよりも安全と言っていいでしょう。

念の為、重要なファイルは自分のパソコンにも保存しておくと安心です。

デメリット

・インターネットに繋がっていないと何もできない

クラウドストレージ(オンラインストレージ)は当然、インターネットに接続しないと何もすることができません。
オフラインでもファイルの観覧をするのであれば、GoogleDriveデスクトップ版やDropboxなどはローカルに保存することができるので、リスクヘッジのために併用することをオススメします。


IT業界の人間だからこそ、ネットだけに依存するリスクの回避を提言します。

・セキュリティ面でのリスク

各サービスのセキュリティ自体はとてもしっかりしているのであまり心配は必要ありません。

注意が必要なのはユーザーです。
クラウドストレージはIDとパスワードで管理します。
これを盗まれてしまうと簡単にストレージの中身も盗まれてしまいます。
個人でのセキュリティ強化をしましょう。

ストレージを共有する必要がなくなり次第アクセス権を剥奪することも忘れないようにしましょう。

・サーバーに障害があった場合復旧するまで何もできない

サーバーに何かしらの問題が起きてアクセスができなくなった場合、その間ユーザーは手も足も出せず、復旧を待つしかありません。
過去の話ですが、復旧できずにデータが消えてしまったこともあります。

比較

Google

無料で使うことができる容量が15GBもあり容量増やしても安く連携サービス・拡張機能が豊富なことが特徴。
中でもGoogleのサービスと連携しやすい

Googleドキュメント・スプレッドシート・スライドなどで制作したもの、Googleフォトなら1600万画素の写真と1080p動画は容量に加算されず、無制限で保存可能(無料)

Googleの強固なセキリティに守られたかなり安全なクラウドストレージと言えるでしょう。

Google Drive内でファイルの検索が可能

Amazon

無料のストレージはありませんが写真だけ無制限のコースは1年3,900円、どのファイルでも無制限に保存できるコースでも年額13,800円と格安で提供されています。

どちらのコースにせよプライム会員となるのでAmazonで提供される有料サービスが利用可能

1ファイルのサイズ制限なし

Dropbox

無料版は2GBまで(友人を招待すると500MB付与される)

自動バックアップ

複数のパソコンで自動同期:共有が可能

普通のフォルダ感覚でアップロードするので手軽

▲PAGE TOP

©ITコンサルタントの網樹屋