コラム

コラム

Googleの意向は「スマホ対応」である

検索順位を下げたくなければ、スマホ対応は必須である

「モバイルフレンドリー・サイトを優先的に上位検索されるようにしますよ。」
は、
「サイトがモバイルフレンドリーでないと、どんどん順位が落ちますよ。」
と同じ意味である。

グーグルは2015年4月21日の発表でスマホ対応ウェブサイトが優先的に検索されるよう、 検索エンジンのアルゴリズムを変更したことを明らかにした。 これはGoogleアルゴリズムとしては非常に大きな変化であるため、今回の方針に従わないと、 つまりスマホ対応をしないと従来の検索順位が維持できないばかりかどんどん順位が落ちていくということになるのだ。

今回のコラムではそういった対応を迫られたGoogleの思考とウェブサイトを管理する側への影響について紹介する。

なぜ現在、Googleはモバイルフレンドリーを好むのか?

一言で言えば「多数派に合わせた結果こうなった」というのが一番シンプルな理由だろう。
5月5日のGoogleブログによると、Google利用者のうちモバイル端末での検索がデスクトップ検索を上回ったと報告している。 この結果を受け、Googleはモバイル利用者がより良い検索体験が出来るよう方向をシフトすることを決めた。

Googleが発信するウェブマスターセントラルブログでは 「モバイル端末を利用するユーザーはどのような情報であれ(ウェブページであろうとアプリであろうと)常に最適かつタイムリーな検索が可能であるべきである。 今後より多くのユーザーがモバイルからネットアクセスするため、グーグルのアルゴリズムがそれに適応しなければいけないのは当然だ」と、説明している。

スマホ対応をしないとこうなる

もしも御社のビジネスサイトがモバイルフレンドリーでないとすると、次の二つの状況に陥る可能性が考えられる。
・他のモバイルフレンドリーサイトに埋もれ、発見されにくくなる
・仮にユーザーに発見されたとしても、モバイルフレンドリーでないと判明した途端に離れていく
グーグルによると「およそ50%のユーザーがモバイルフレンドリーでないサイトの利用を控える ・・・どれだけそのサイトサービスが好きだとしても!」だそうだ。

スマホ対応方法→レスポンシブウェブデザインがお勧め

御社のサイトをスマホ対応させるにあたり、オプションが幾つか存在する。 中でも一番のお勧めはレスポンシブウェブデザインになるが、なぜ他のオプションよりも優れているかは弊社の見解は以下のようになる。

・スマホ専用サイトを別に作る
既存の御社サイトより別URLモバイルサイトにリダイレクトさせるという手法。 違うHTMLにてきちんと見やすい形でモバイル反映される。 しかしながらこの手法はコーディングエラーが発生しやすいという難点があり、従って維持費が高くつくようになる。 さらには適切に設定されないと検索結果に悪影響を及ぼし、SEOの視点からもマイナス効果になる。

・ダイナミックサービング
同じURLを用いてHTMLとCSS2種類のコーディングで組む手法。 別モバイルサイトにて検索インデック問題は発生しないが、作りが複雑で維持費コストが高くなる場合もある。

・レスポンシブウェブデザイン
同じURLで同じコード、どのようなスクリーンサイズでもユーザーの端末に合わせてくれる。 実行そして維持する上でこの手法が一番簡単かつエラーも起きにくい。 一番コストが低く抑えられ、どの端末でも美しく表示される。

上記3つのオプションを比較すると維持管理、コストの面において レスポンシブウェブデザインが一番妥当な手法となるので最も一般的に利用されている。

▲PAGE TOP

©ITコンサルタントの網樹屋