コラム

コラム

ネットショップの開業方法

ネットショップの開業方法

商材・商品を決める

1.商材を決めましょう
最も重要だと言っていいでしょう
何を売りたいか、売れるのか、売っても問題のないものか、しっかりと確認しましょう。
一番確認しておかなければならないのが販売可能か、又、許可を得なければならないものかどうかです。
法律で販売不可能ものであったりしたら大変なことになってしまうので注意しましょう。

決済方法を決める

2.決済方法を決めましょう
決済方法によって購入するかしないか判断する方もいます。
慎重に判断しましょう
・クレジットカード 参考:カード決済の必要性
・銀行振込(ネットバンクがあると便利)
・代引き(手数料が高い)
・コンビニ先払い(手数料が高い)
・コンビニ後払い(NP後払い)

配送方法を決める

3.配送方法を決めましょう
・配送業者に依頼(クロネコヤマト・佐川急便)
・レターパック(ポストに投函可能)
・普通郵便(安価だが追跡不可)
配送代行という方法もありますが、最初は自分でやることをお薦めします。

機材・資材を決める

4.機材を用意しましょう
・パソコン
・カメラ
商材をより見栄え良くするためにもカメラはいいものを購入しましょう。
とはいっても使いこなせなくては意味が無いので家電量販店の方と相談して購入することをオススメします。
フリマアプリなどを利用する場合にはパソコンなどは必要ないかもしれませんが「ネットショップ」を開業するのであれば必須かと思います。

店名を決める

5.お店の名前を決めましょう
通販においてお店の名前は最も重要になると言っていいでしょう。
サイトの名前からどんなものを販売しているのかわかるようにしておくことも大事です。

覚悟を決める

6.さっそくネットショップを開業してみましょう
自分でサイトを作ってもいいですし、大手のモール型ネットショップに登録するのでもいいので、好きな方法で開業しましょう。
・楽天の場合:申請、出店料の支払い、OPEN
・カラーミーショップの場合:登録、サイト作成(ブログ感覚で簡単に作れます)、利用料の支払い、OPEN
・自分のサイトの場合:サイト作成、ショッピングカートレンタル(ASP)、購入ボタンとショッピングカートの設定、OPEN

手続きなど

7.開業届けを出しましょう
開業してから1ヶ月以内に「開業届け」を税務署へ提出。
(税務署で所定の申請書をもらい、必要事項を記入したら管轄の税務署へ出します。)
※必要に応じて青色申告もするといいでしょう。
中古品を扱う場合「古物商許可証」を申請(取得)しておいたほうがいいかもしれません。

▲PAGE TOP

©ITコンサルタントの網樹屋