ニュース

ニュース

ランサムウェア「WannaCry」対策について

身代金要求型ウィルス(ランサムウェア)の症状と対策

世界的に猛威を奮っているランサムウェア「WannaCry」は Windowsアップデートをするだけで感染を防ぐことができます。
※2017年5月15日現在

感染したパソコンへの影響(症状)

わかりやすく言うとパソコンが使えなくなるとお考えください。

「動画」「画像」「文章」など様々なファイルを開けないようにし、 元に戻すにはお金を払えと要求してきます。
そしてお金を支払ったとしても、ファイルが復元される保証はありません。

なお、執筆時点ではWindows10以前のパソコンにのみ感染すると言われております。
Windows8.1、Windows7、WindowsVista、WindowsXPを使っているかたは今すぐWindowsアップデートをしましょう。
※将来的にWindows10やMacにも感染するようウィルスが進化(?)する可能性も 十分考えられます。

根本的な対策

1.OSを常に最新にする(パッチがリリースされるということはセキュリティ・ホールの公開を意味します)
2.セキュリティ対策ソフトを必ず入れる
3.怪しげなソフトはインストールしない
4.不用意に添付ファイルを開かない

▲PAGE TOP

©ITコンサルタントの網樹屋